スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Rain’s Interview from “Men’s Uno” Magazine

UM: What are your working plans as of lately?

R: As of lately the most important thing that I’m doing is the promotion of “Six to Five” fashion brand which I’m a designer and model for. We will be holding fashion concerts on June 6th in HK and June 27th in Macau. I’m really looking forward to them.

UM: Why do you want to engage in fashion business? Are you directly involved in everything including designing?

R: I’ve always been interested in fashion trends and designing, so I just want to share my feelings about fashion for others to enjoy. During the “Six to Five” designing process, I can’t say that I’m thoroughly involved as a designer, but during that process I will bring into play my own perspective, and will continue to give my opinions on designs.

UM: Where does the brand “Six to Five” stand? Who are its target customers?

R: I believe that young people who enjoy fashion will like our fashion brand. “Six to Five” combines both traditional and relaxing styles while at the same time stressing practicality with a simple and relaxing feeling to them.

UM: What is the origin to the name “Six to Five”?

R: Humans have 5 senses. We hope to exceed the 5 senses to pursue an even higher ‘6th sense’. “Six to Five” contains emotional and cultural significance, and it uses the logo of a rocket to express the extreme emotion of transcending through space; challenging the meaning of the future.

UM: What are your plans for the development of your brand in the fashion market?

R: We have a lot of interesting plans, for example incorporating famous artist Paul Klee’s art designs into our clothes, as well as opening a museum with our well-loved teddy bears, etc. We will be continuing to release more styles, hope that everyone will like them.

**(skipping the next few paragraphs, the writer describes Rain’s past. It’s honestly very long for me to translate, and it is mostly stuff that we already know about him. ^__^)**

UM: What is the difference between the real you and the one who is on stage?

R: The one on stage is one of the best singers who can make fans scream and cheer for him. In real life I’m constantly doubting myself, thinking back to the very beginning and the very real Jung Ji-hoon. I’m constantly training myself; my self-satisfaction derives from overcoming my own biggest obstacle.

UM: You’re getting famous very quickly, what kind of effect does this have on you?

R: I think that compared to others I have a little more of certain kinds of experiences. Even though I have a quite a definite popularity right now, I don’t think that this is the end of my success. As a singer and actor, in order to give a better sound to my fans, and better acting for my audience, I’ve sacrificed a lot of things. But while sacrificing all these things, I’ve in turn been able to give a more well-rounded appearance on stage, and through this I’ve also gotten to know more people, and for this I feel very blessed.

UM: What kind of character would you like to experiment with for future movies or drama series?

R: Since I was young, I had always wanted to be in a male role in a heroic kung fu movie. Now that I’m in Hollywood I can finally fulfill that dream. “Ninja Assassin”—which will be released worldwide—is just that kind of movie. In order to achieve the final results of the requirements of the movie, I had to train myself real hard and had to learn kung fu stunts. I hope everyone will enjoy my first Hollywood production.

UM: What kind of plans do you have for your own performing career?

R: I’m always thinking about which step I’d take next, I don’t know until when I’ll keep singing, I think that I’ll just let more fans enjoy my music; I’ll just give it all I’ve got for them to hear me sing.

Source & Credit: Men’s Uno Magazine // RainHK

Chi to Eng Translation: dsl99a@Rain-USA // SexyBi // sixtofive1982.com

20090602unouno6



sizuka なんちゃってほんにゃく~
ちょピっと直しました。


U:最近はどのような仕事の計画を?
R:最近、私がデザイナーとモデルである「Six to Five」ファッションブランドの販売促進に力をいれています。HKとマカオで6月6日、6月27日に、ファッションコンサートを開催します。とても楽しみにしています。

U:どうしてファッションビジネスに進出したいんですか?
あなたが直接デザインを含むすべてのことにかかわっていますか?
R:常にファッションのトレンドやデザインに興味をもっているので、他の人とファッションを楽しむことについて共有したいと思って。 "Six to Five "のデザインプロセスでは、私は完全にデザイナーとして携わっているとはいえないが、私の独特の将来展望を活用して、デザイン上に私の意見を伝え続けたい。

U: 「Six to Five」というブランドのなりたちは? その対象の顧客は?
R:ファッションを楽しんでいる若年層が、私たちのファッションブランドを好んでくれると思っています。 「Six to Five」はラフでリラックスできる感じがある実用性とトラディショナルでリラックスできるスタイルを組み合わせています。

U: 「Six to Five」という名前の起源は何ですか?
R:人間には、5つの感覚があります。 私たちは、さらに高い‘5つの感覚を超えて、6番目の感覚を追求すること’を望んでいます。 「Six to Five」は感覚的で文化的な意味を含んでいます、そして、宇宙を超越するような最大の感性を表現するためにロケットのロゴを使用しています。 未来に挑戦する意味もあります。

U: ファッション市場でのあなたのブランドの開発のためのプランは何ですか?
R:多くのおもしろいプランがあります。例えば有名な芸術家パウル・クレーの芸術デザインを私たちの衣服に組み入れる、私たちの大好きなテディベアで博物館を開設するなど。私たちはより多くのスタイルをリリースし続けます、皆さんに好んでもらえたらと思います。

**ここちょっととばしますね。作家はRainの過去について説明してます。(私が翻訳するのは、正直、非常に長いです、そして、私たちが彼に関してほとんど既にしっていることです。^__^)**

U:本当のあなたとステージの上にいる人の違いは何ですか?
R: ステージ上の彼は、彼のためにファンの叫び、そして喝采を作りだす事ができる最高の歌手のひとりです。 実生活で、私は私自身を絶えず疑っています。リアルなチョンジフンとしてまさに一番に考えることは、常に自分を鍛えなければと。私自身の最も大きい障害は自己満足に打ち勝つことだからです。

U:あなたは非常に速く有名になっています。これはあなたにどんな影響を及ぼしましたか?
R:他の人と比べ、ある種類の経験が少しがあると思います。 たとえたった今とても確かな人気があるとしても、これが私の成功の終わりであると思いません。歌手と俳優として、ファンへのより良い音楽と良い演技をするために、多くのものを犠牲にしました。しかし、それらを犠牲にしている間、ステージでより上手に公演できるようになりました、またこのことを通してたくさんの人と知り合えました。だからとても幸せだと感じています。

U:あなたは将来、映画か連続ドラマでどんな役柄を演じてみたいですか?
R:若い時から、カンフー映画のヒーローになりたかったです。 ハリウッドで、最終的にその夢をかなえることができました。 世界中でリリースされる「Ninja Assassin」は、その種類の映画です。映画の最終的な結果を達成するために、本当に激しく訓練しなければならなくて、カンフースタントを学ばなければなりませんでした。皆さんが私の最初のハリウッド出演を楽しんでくれることを願っています。

U:あなたには自身のキャリアの実行ためどんなプランがありますか?
R:私はどのステップを次にとろうかいつも考えています。いつまで歌い続けるかわからないけど、より多くのファンに私の音楽をただ楽しませようと思っています。私は、私の歌を聴いてくれる人にすべてを与えたいです。


これは、ほんとうになんちゃってほんにゃくなので、持ち出さないでね。
そんなひとはいないとおもうけど(笑)
Rain in magazine | 【2009-06-03(Wed) 13:31:16】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © Rain days♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
アクセス解析出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。