スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

上等兵おめでとう。インタビュー記事。

PCのメンテナンスをしたので、快適なブログ更新にごきげんなため、連投(笑)


http://news.nate.com/view/20120903n24236


'ピ'チョン·ジフン上等兵の単独インタビュー... "最近親しい人ですか?"

ワールドスター 'ピ'(チョン·ジフン)が上等兵の階級章をつけた日、ソウル空港から観客の前に立った。

'ピ'チョン·ジフン上等兵は1日開かれた"国民と一緒にブラックイーグル航空ショー"で特別公演を広げた。芸能人ではない軍人の身分にした公演だったが、彼 ​​の情熱は相変わらずだった、観客たちの歓呼も昔も今も熱いのは同じであった。

この日の公演は、入隊前に撮影した映画"R2Bリターントゥベース"がきっかけだった。"第2赤いマフラー"と呼ばれる"R2Bリターントゥベース"でチョン·ジフン上等兵はブラックイーグルチームとF-15Kのパイロットとして出て高難度の航空アクション演技を披露した。

今しばらく芸能人ではなく、国防の義務を果たしている'ピ'チョン·ジフン上等兵を共感コリアが単独インタビューした。次はチョン·ジフン上等兵との一問一答。


20120901Seoul airport in Black Eagle airshow ceremonies 2
'ピ'チョン·ジフン上等兵が主演を引き受けた映画 "R2Bリターントゥベース"で操縦していたF-15Kの前でポーズを取っている。




- 現在の所属と近況について教えてください。

"軍人なのに何も近況はありませんよ?(笑)現在、国防広報院広報支援隊隊員として熱心に軍生活をしています。それで完了です。"(でも人気はかわらず1週間に300通以上のファンレターが来る。)


-主演を引き受けた映画"R2Bリターントゥベース"が上映中です。映画鑑賞ポイントはどこにいるのでしょう。


"国内初の航空アクション映画という点がポイントではないでしょうか。今まで韓国映画では見ることができなかったCGがある航空映画、見どころが多い映画です。"



-この映画が60年代大人気を集めた"赤いマフラー"のリメーク作だとしています。また、一部では韓国版"トップガン"に例えたりもするんですが、本人はどんな作品だと思いますか。



"トップガンのような素晴らしい映画と比較してくれてありがたいですが。私は今回の映画は、オリジナルの航空アクション物だと思います。韓国型航空ブロックバスターなんですよ。 "

空軍の主力戦闘機であるF-15Kでチョン·ジフン上等兵。

-映画のためにG-テスト(加速度耐性強化)訓練を受けた知っています。訓練が大変ではなかったですか。

"G-テストをして体重9倍に達する重力を耐えたが、実際には非常に大変でした。でもよく勝ち抜いたことに対して自らやりがいを感じます。"(映画のためには6倍のG-テストを通過するされたが、チョン·ジフン上等兵は9倍まで挑戦して成功した。一般人としては初めてという話も聞こえる。)


-映画関連サイトを見ると、観客たちは星4つ、専門家たちは、2つの半分のレートを与えました。その後、本人の評価はどうですか。



"この前の休暇を出て劇場で映画を見ました。一言で楽しいんですよ。映画を完全キャッチするには、なぜ傷がないでしょかだけは、観客たちのように星4つをあげたいです。"(隣にいた空軍本部文化広報課長ソンギョンス中佐は"映画を映画として見るべきで、戦闘機訓練などその他の映画シーンをファクトと比較することは、映画を見る正しい態度ではない"と加勢した。)



- ブラックイーグルス、戦闘飛行団など空軍最高のエースを体験した本人ならばどんな道を選択やるんですか。

"戦闘部隊も良く、デモンストレーションチームもお勧めします。軍人が国がよく守れば、されどこにいたの何の関係があるのでしょうか。 "(この日は上等兵に進級した日だった。彼の言葉を聞いて堂々と韓国の軍人に感じられた。)



-非幸福とサングラスがよく似合います。空軍に行かなかったことを後悔していませんか。



"事実空軍に行こうとしたが、どのようにしてみると軍隊に行くされました。あ!それでも陸軍が嫌いなことは絶対ありません。"(映画を撮って空軍により愛着が行ったものだと重ねて強調した。)



- 国防広報院広報支援隊には、いわゆる "芸能兵"が多いのです。親しい先輩後輩の私 "ロールモデル"とした人がいますか。

"特別なロールモデルはありません。チョン·ジフン式軍生活をしています。親しい人は広報支援隊先任であるパク·ヒョシン兵長、そしてガンチャンモ(KCM)一等兵...いちいち呼名するしかしながらあまねくよく過ごしています。"(前の質問でも感じたがチョン·ジフン上等兵は誰と比較すること、また、比較されることを敬遠するようにした。軍人だったが、自分の誇りは安っぽいた。)


20120901Seoul airport in Black Eagle airshow ceremonies1
ピ チョン·ジフン上等兵が素敵な振付を広げよう観客たちがしきりにカメラのシャッターを押している。




- この間、国防部で "素敵な男"のミュージックビデオを製作して、国民の間にも大きな人気を集めたが交渉はない来ました。こぶ交渉がなければ、残念ではありませんでした。

"素敵な男を撮るとき、私は実際に国防広報院ではありませんでした。前方部隊である5師団で調教生活をしていました。まあ残念ではありますが、パク·ヒョシン兵長のような立派な方々が出演して成功したと思います。"(昨年10月に入隊した彼は戦い師団の5師団にいるが、3月初め、国防広報院に転入をした。5師団にいるとき彼は特級戦士呼称を受けるほど模範兵士であった。)



- もし今、映画のように敵機が現れた場合は、どうしますか。

"映画のように、空軍操縦士なら戦闘機運転して戦うだろうが、今は広報原因だけ熱心に宣伝して軍人たちの士気を上げなければならないでしょうね。"

- 最後に、残った軍生活の覚悟と軍人として国民に言いたいことをしてください。

"残った軍生活を軍人としてよく実行し、今後することを整理します。個人的には、他の現役のように兵長進級を待っています。


20120901Seoul airport in Black Eagle airshow ceremonies 3
チョン·ジフン上等兵が特別公演に先立ち観客に挨拶をしている。


そして直接軍人になってみるの軍人たちが本当に苦労するということを知りました。すべての兵士は素晴らしいといつも尊敬思っています。軍人になったことに対して価値がされ、誇りに思っています。"




上等兵進級おめでとう。



あのう。



私の感想をこっそり書くとすれば

チョンジフン氏は、相変わらず

まじめで、一生懸命で、すがすがしい

いいオトコだなぁ

ただ

今は、ひたすら軍人のチョンジフン氏に徹しているところが

さみしいし

惹かれないけどね。。。。



兵役 | 【2012-09-04(Tue) 17:25:01】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © Rain days♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
アクセス解析出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。