スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Kポの記事はやっぱり見ちゃう。

ちょっと気になった記事。

本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120511-00000000-fsi-bus_all

韓国で、「韓流」ビジネスに対する疑問の声が持ち上がってきた。国を挙げたグローバルな拡販政策を展開してきたが、売上高の99%がアジア地域にとどまり、利益面でも韓国にそれほど貢献していない実態などが判明しているためだ。ブームは5年以内に終わるとの調査も出ており、韓国の“国威”がかかる韓流が岐路に立っている。

中略

その一方で、特定市場、特に日本への高い依存度や収益構造の問題点も指摘されている。欧米でもライブを行うなどいまや韓流の主流となっているK-POPだが、韓国コンテンツ振興院の調べでは、アジアでの売り上げが全体の99%を占め、なかでも日本が80.8%と突出する。しかも、「日韓間の利益配分の問題点も明らかになっている」(韓国政府関係者)。

中略

韓国大田市のソルブリッジ国際大の呉寅圭(オインギュ)・韓流研究センター長も、韓流が抱える問題点として「対日偏重」と「収益不均衡」の2点を指摘する。この背景について呉氏は、K-POPはまず世界最大の韓流市場である日本を目指すが、韓国側企業が直接、日本で商品を売ることができない「ライセンス契約」の問題があると指摘する。韓国側でも収益不均衡の認識が強まっており、日本の情報通信企業と直接タイアップして音楽のオンライン販売などを模索する動きも出ているが、「日本の芸能流通網を無視して日本で存在するのは不可能」(韓国大手プロモーター)との見方が一般的だ。

中略

日本市場への「一極依存体質」から脱却したいが、日本市場から離れればビジネスが成立しない。韓流は韓国にジレンマももたらしているようだ。



「収益不均衡の認識が強まっており」なんて書かれてて、日本側がぼったくってるみたいだけど
日本市場を知り尽くしプロデュースするには、それだけのノウハウを提供するわけで。。。
韓国で売れてるから
KPOPブームだから
日本に来りゃ売れるってものでもないと思います。


この記事、いつものKPOP情報からではなく
いろんな記事をランダムに拾ってツイートしてくださるキュレーターの方からいただいた記事なんです。
日本の中にKPOPというジャンルが定着しただけでもすごいことのような気がしますねぇ。

このブームも縮小の兆しという記事もありました

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120506-00000000-jct-ent

「K-POPが日本市場で縮小する兆しを見せている。 日本はアジア最大の音楽市場だ」。記事によると、韓国のとある企画会社が、所属アイドルグループの日本進出のため、日本企業と契約を結んだところ、契約金が2011年の水準からグッと下がったという。

中略

韓国の業界関係者は「少女時代、KARAのように日本ですでに人気のグループと、韓国のトップクラスの歌手は日本でも問題なく活躍できるが、中間層のグループは難しい」と話したという。







「韓国のスーパースター」であったとしても、日本でブームが起こせるとは限らない。
と長年ピを見つめてきて思う。

日本だけじゃない。
どこの国にいっても、うまくプロデュースされることが必要だ。









ピさんがこんなブームに巻き込まれなくてよかったとちょっと思う。





にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

sizukaのつぶやき | 【2012-05-18(Fri) 16:40:47】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © Rain days♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
アクセス解析出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。