スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

10asiaの記事

長いのでお時間のあるときにどうぞ。

10asiaサイト
http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?sec=news13&a_id=2010060715541211478

2010 MTVムービーアワーズ受賞、ピ“今回の賞だけは自慢したい”
わずか1年前、ピはMTVミュージックビデオアワーズを連想させる授賞式で賞を受けて感激した。 もちろんある移動通信会社の広告の中であった。 客席をいっぱい辛い参席者らの拍手を受けてピが所感をいう時そちらは“奇跡”でも“仮想ニュース”で感じられる程高いところだった。 しかし“奇跡は誰が与えるのでなく作ること”というこの青年は結局その夢を手に握った。 正体不明の注文を覚える代わりに一日5時間を越える強力な訓練を耐えて、“飢えて死ぬ直前の虎”のように駆け付けて2010 MTVムービーアワーズ(以下MMA)に先雨. 砂漠と免じていて途方もない開くを吹き出すLAにおりた恵みの雨同じ新鮮な意欲が相変らず泉がわく彼をペボリヒルスのポシズン ホテルで会った。

受賞直後残した‘お尻所感’が才覚あふれたが(笑)もう一度所感を聞かざるをえない。
ピ:とても良い。 ママとの約束を守ったのが最もうれしい。 十年前に米国で良い結果で上を必ず乗って見せるといったが、その約束が守られて個人的に感動だ。 二番目では前に活動するところにあってより大きい助けなるようだ。 MMAというおもしろくて巨大な授賞式で一部門を占めたとのことがミッキョジジしなくて。 他の見方をすれば仮想ニュースに出てきそうなことなのにことだろう。 (笑)それでとてもうれしい。


“カワウソ パフォーマンスを結局できなくて惜しかった”

MMAで客席に向かって“なぜそんなに深刻なのか? 楽しみなさい”と話したのとカワウソ パフォーマンスに向かった意欲(笑)等最近のピは大衆に対するに当たり力を抜いてユーモラスになったようだ。
ピ:今は深刻な必要がないようだ。 ピという名前で活動したのも10年目でその間本当に色々な仕事を体験した。 そのような過程の中で私が楽しまなくてはいけないというという考えをたくさんした。 そして大衆には以前から感じたことだが率直なのが最も良いようだ。 カワウソ パフォーマンスもその渦中に出てきたことで。 事実1等をするのが私に何の意味合いか。 もちろんとても感謝して良いがアイドルや他の人が乗るのが合うこと同じで。 まだ大いなる関心を与えることに報いたかった。 公約やサービスというだろうか。 (笑)そのような折りカワウソ動画を見てサバを準備して舞台に上がろうとしたがマネジャーがうっかりしたことだ。 やむを得ず来週にするといったが結局来週には他の方が1等をしてしまって惜しかった。 (笑) (ほんとう?

楽しむのが重要になったといったように時間がいくら流れなかったのに節制された‘レイニズム’時比べて最近の‘お前を捕まえる歌’や‘ヒップソング’舞台では一層さらに自信が発散された。
ピ:確かに違うことは違う。 ‘レイニズム’自体はパフォーマンスの節制というか? そんなこともあったし。 今回‘お前を捕まえる歌’はバラードに踊りを加味したが露出があって遠慮なくとても表わすことでないか考えることもできるようだ。 (笑い)

ある時点以後、特に<ニンジャアサシン>以後でピは海外活動にさらに注力することと多くの人々が予想した。 しかし相変らず韓国でレコードを出して歌手として活発に活動するだけでなくドラマ<逃亡者>出演も決定された。 今のピに韓国という所はどんな意味なのか?
ピ:金を儲けるならばあえて韓国で活動しないで、その時間に中国や日本、米国で公演をしてドラマも映画を撮ったことだ。 (あ、やっぱり・・・)ところで人はお金より本来自分が生まれたところを忘れてはいけないと考える。 カエルおたまじゃくし敵考えろとの話のように (このたとえは正しいのでしょうか?わかりづらいよ、先生~)自身がどこでうまくいったのか忘れてはいけない。 私の生活の一部分で、私がうまくいくことができた韓国で活動すること自体がアジアに広がることもできることで。 最近活動はボン家に入ってきて生活したわけだ。 (笑)私たちの家族らも取りまとめられないのに外でうまくいくのは何も効果がない。 もちろん今までは米国文化が世界の中心だがますます世界の中心が中国、アジアになることだ。 アジアの文化中心はまた、韓国で。 私がいつも私たちの家族をよく守っているならばいとことも良く過ごすことになるし、八寸もそうするだろう。 (笑)


“韓国で認められてこそ世界でもうまくいくことができる”

そのような意味で<逃亡者>を選択したものか?
ピ:私はおもしろく生きたい。 <逃亡者>をする最も大きい理由はひとまずチョン・ソンイル作家様、クァク・ジョンファン監督様ととても作品をしたかった。 クァク・ジョンファン監督様は<サンドゥ学校に行こう>、<この人でなしの愛>をする時助演出だったが本当に天才だと言える方だ。 それだけアイディアと想像力が豊富だ。 そして今はちょっと韓国語で代謝したかったし。 (笑)そして韓国のファンたちにももう一つの作品をプレゼントしたかった。 それが最初の目的だ。

あなたは単純なスターというよりは努力の化身あるいは立志伝的な成功神話の人物というイメージが強い。 それでファンたちには‘ピヌニム’と呼ばれる程絶対的支持を受けるが一般大衆らにはかえってそれのために遠く感じられたりもする。
ピ:事実それで韓国活動をさらに熱心にするのもある。 とても遠ざかるまいと。 もちろん人気が震えられるかと思って、忘れるかと思ってそうでもない。 私は韓国で芸能人という職業を得たし、それでさらに広いところで活動することができるようになった。 ところでもう姿もよく見なくて、神秘主義で活動するというのではないようだ。 かえってさらになじんで近くて、誰が私に話しかけたり挨拶をすればみな受け入れるそのような芸能人になりたい。 そのように韓国で認められてこそ世界に出て行ってもうまくいくことができることで。 誰がそうしたが世界人種は黒人、白人、黄色人種に分かれるのでなくA型、B型、O型、AB型に分かれるらしい。 今は従来と同じ人種区分がなくなるはずなのにアジアを代表してまた、それを跳び越えて人種に関係なく活動できたい。 ひとまずそうするならば最初で私たちの家族らなので韓国のファンたちに距離感があってはならないと考える。

アジアを代表してそれを跳び越えるのはどうしても今回の受賞が大きく作用する。
ピ:MMAで中国出身のジャッキーチェンやチャンツィー(?)が受賞したことがあるのに韓国人としては最初だから事実これだけはかなり自慢したい。 (笑)その間はいつもとても運が良くてされたといったが今回だけは自ら考えるにも本当に熱心に努力したから。 ファンのみなさんが与える賞で、率直に本当に受けたかった。


“この頃にはロマンチック コメディ シナリオを考えてみる”

しかし‘最高のアクションスター賞’受賞はあなたの名前の値段を高めると同時に典型的なアジア アクション俳優での消費を加速化させることもできる。
ピ:もちろんそのような部分が心配になる。 アジア俳優といえばアクション映画を思い出させるのはとてもステレオ タイプであるから。 ところでそれは仕方ないと見る。 そしてアジア俳優が持った武器をあえて隠す必要もなくて。 私たちはアクション映画に持って生まれた才能があってマーシャル アートはアジアから始まった文化だから熱心に隠す理由はないようだ。 後ほど10年や20年頃過ぎてアジア市場がもう少し大きくなるならば東洋男と西洋女が愛するロマンチック コメディのような映画もたくさん出ることができないだろうか?

その時にもピがその中心に立っていることができるだろうか?
ピ:私は奇跡は成り立つのでなく作ることと考える。 それは誰がしてくれるのでなく自身が作ることだ。 どこの誰は私がとてもはやい進度を出て行くのではないかといってまた、誰かはとても運が良いのではないかという。 他の誰かはとても多いことに挑戦するのではないかというのに集中して努力すればみな作ることができる。 ウンが従えばより良いがウンが従わなくてもすることができると見る。 事実この頃はこういうシナリオも考えてみたりもする。 アジア男と白人女が愛する内容なのにどんなことかといえば男が米国で生活するが英語をよくできない。 ところで女に英語を習いながら色々なエピソードらが生じながら愛を感じるロマンチック コメディだ。 そのような映画を作ることができる条件が今作っていっている人脈を通じて多くの人々に会いながらずっとアイディアを投げて、相談するならば私だけでなく次世代にはそのようにすることができないだろうか? (笑)


ジフニ、ハリウッド映画、持ち込み企画だね。
今回は、NINJA ASSASSINによって得られた賞だから、ここからRainがどう進化するのか楽しみです。

このインタビューを読んで思ったこと。

ジフニって、ホント欲張りだ(笑)

20100607s7
20100607s1
20100607s2
20100607s3
20100607s4
20100607s5
20100607s6



MMA | 【2010-06-08(Tue) 14:28:33】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © Rain days♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
アクセス解析出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。