スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ニンジャアサシンを語る。

映画見てきました。

映画館の一番後ろの席で
何回も涙をぬぐいながら見てきましたよ。

観客の入りは。。。。
平日の午前中ってこんなものかなという感じ。
私が入った時はもう暗くなっていたので、はっきりとはわかりませんが
年配の男性がちらほら
女性は2,3人のグループでいらしてる方が多くて
一人で見てたのは、私くらいかも。

あたしって、Rainファンじゃなくって
エグイ系アクション映画好きな人に見えてた?(笑)

(以下少々ネタばれ気味なところがあります。ご了承ください)
映画の内容について
娯楽映画として面白いとおもうんだよねー。
あのどばーーーーーと血がしぶきのように出るシーンさえなければ
かなり面白いと思うの。
現代にもニンジャが存在してて
忍者の修行ってすごくて
忍者の能力ってすごくて
で抜け忍がいて、おきて破りーとかいっちゃって

暗殺集団として影の存在で
黒い砂が届いたり
銃より手裏剣が速かったり、強かったりするのって
ニンジャリスペクトな方にはかなり楽しいと思うし。

クライマックスのショーコスギさんとの一騎打ちシーンは圧巻。
というか、ここのシーンためにこの映画作ったでしょう?監督さん?

作り方と売り方考えていただいて

ぜひ「2」を期待。

忍者の能力をもった、オズヌ一族の生き残り、雷蔵のその後を
見たいです。


さて、Rainくんについて。

ああ、もう涙でかすんだシーンが何度も。

常に「人を殺すシーン」を要求され続けるジフニは
精神的にどんな状態だっただろう
人を殺す、普通の生活の中ではありえない精神状態を体現しなければならないとき
彼はきっと自身を暗殺者に追い込んだだろうと思う。
かつての仲間をカマでなぎ倒すその異常な気持ちの高ぶりなど
想像しようにも想像しがたい。
その時の彼は・・・・

それが役者だと言えばそうなんだけど
彼は、それをやってのけたんだなと思った。

食べたいものも食べず
限界までのトレーニング
映画の撮影がニンジャ修行そのものだったよね。

やば、書いてて泣けてきた。


エンドロール。もちろん「RAIN]の文字は特別。
そして、そのあとに延々と続くみなさまに
ジフニは、主役としての責任はあっただろうけど
けっしてジフニと監督だけのものじゃないなーって感じました。
そうやって考えてたら、ありがたくなって
ジフニのオンマのような気分で感謝しちゃいました(笑)

昨日NARUTO見ながら考えてたことなんだけど
まあ、小角さんとこは、暗殺したり悪い集団ではあるけども
忍術とか武術を極める精神性に通じるなにかと
ジフニがもともともってる感性に似ているものがあって
ニンジャマニアな監督さんたちには
それが感じられたんじゃないかなと思いました。

とにかくジフニがすごいがんばって、がんばって出来た映画だということが
大きなスクリーンで見て
より感じられました。
ぜひ、まだ公開が決まっていない地域にも公開されますように。

公開中の名古屋・公開予定の博多に行けそうな方は
ぜひぜひ足をお運びください。


ワーナーマイカルシネマズ大高
http://cinema.warnermycal.com/wm/oodaka/

ユナイテッドシネマ福岡
http://www.unitedcinemas.jp/fukuoka/movie.php

雷蔵、たまらなくかっこいいです。


あ、そうそう。
ジュン君は、良い役どころだねー。
清らかな演技がとってもよかった。
彼は、俳優さんとしてもイケる!!




MTV MOVIE AWARDSの投票のお願い
http://www.mtv.com/ontv/movieawards/2010/biggest-badass-star/

1登録メールアドレスごとに1回しか投票できないのかな?
最終5人に残ってるみたいで。。。
選ばれた場合には、授賞式があるとか?
いつもは組織票に消極的なsizukaですが
これは押し上げてあげたいかも。



コメントのお返事、後からまいります~。

ninja assassin | 【2010-05-14(Fri) 16:59:43】 | Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]
コメント
血しぶきも凄かったけどそれ以上に
どぴゅーー!だの、ぐちゃっ!だの
その類いの音がエグかったです。

アクション映画としては面白かったと思います。
ミカとの関係がもう少し細やかに表現されて
れば良かったかな。

ジュン君は良かったですね~
坊主頭が清々しくて登場時間は短かったけど
とても印象的でした。
ほんと、彼は楽しみですね。
相手の女の子も初々しくてラブシーンも
好感が持てました。

俳優RAINとしての重圧に耐えて作り上げた
アサシン。「映画は監督のものだ」とも
言われますが、その要求に応えてジフニは
よくやったと思います。
私もエンドロールに「チョン・ジフン」でなく
「RAIN」の文字を見て嬉しかったです^^

2010-05-14 金  23:05:23 |  URL | きのこ #- [編集]
> どぴゅーー!だの、ぐちゃっ!だの
> その類いの音がエグかったです。

ああ。そうですねー。
私は画像のほうに気を取られてたんですげど、確かに音もすごかったですぅ。

> アクション映画としては面白かったと思います。
> ミカとの関係がもう少し細やかに表現されて
> れば良かったかな。

そうですね。
信頼関係までしかいかなかった感じもしました。
雷蔵は少しずつ人間らしい感情を取り戻してほしいです。
やっぱり恋愛も絡んだ「2」をつくってもらわなきゃ~

> ジュン君は良かったですね~
> ほんと、彼は楽しみですね。
> 相手の女の子も初々しくてラブシーンも
> 好感が持てました。

相手の女の子は日本人の女優さんですね。
二人ともこれからも俳優として楽しみです♪

> 俳優RAINとしての重圧に耐えて作り上げた
> アサシン。「映画は監督のものだ」とも
> 言われますが、その要求に応えてジフニは
> よくやったと思います。
> 私もエンドロールに「チョン・ジフン」でなく
> 「RAIN」の文字を見て嬉しかったです^^

スピードレーサーの時も感激しましたが
やっぱり今回はひとしおでした~。
2010-05-15 土  22:09:01 |  URL | sizuka625 #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © Rain days♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
アクセス解析出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。